ライフカードは誕生月に使うとお得なのか?

数多くあるクレジットカードの中に「ライフカード」がありますが、親会社は消費者金融大手のアイフルであり、インターネット専用の電子マネー「Vプリカ」を発行していることでも知られています。

基本的な還元率は0.5%(1,000円:1サンクスポイント、1サンクスポイント:5円)であるため、特にお得なカードということではありませんが、年会費が永年無料であり、「誕生月のポイント5倍」を始めボーナスポイントが充実しています。

入会後1年間は「新規入会キャンペーンポイント」としてポイントが1.5倍になります。また、会員向けにポイントが最大で25倍も貯まるインターネットショッピングモールの「L-Mall(エルモール)」が備えられています。

貯まったポイントは豊富なギフトカードや多彩なアイテムと交換できる他、ANAマイルやdポイント、楽天スーパーポイント、auWALLETポイントなどとも交換できます。

交換レート

 交換先のポイントサンクスポイント
dポイント1,500300
楽天スーパーポイント1,500300
auWALLET1,500300
ANAマイル900300

ステージ制プログラム

通常は1,000円で1ポイントになっていますが、年間の利用金額が50万円以上になると基本ポイントが1.5倍(1.5ポイント)になり、利用金額が150万円以上だと基本ポイントが2倍(2ポイント)にアップします。

なお、「スペシャルボーナス」として、年間の利用金額が50万円以上になると300ポイントが与えられます。

お誕生月ポイント

ライフカードの最大の魅力がこの「お誕生月ポイント」です。誕生月には全ステージで通常月の5倍のポイントが付与されます。

つまり、0.5%のポイント還元率が2.5%に跳ね上がります。ポイント還元率が2.5%のクレジットカードなどまずありません。

例えば、買い物や公共料金の支払いなどで12万円を使った場合、通常は120ポイントが付与されますが、お誕生月ポイントを利用すると600ポイントになります。仮に、そのポイントをANAマイルへ交換すると1,800マイルにもなります。

なお、サンクスポイントはギフトカードへの交換の場合、ポイントをまとめればまとめるほど有利なレートが適用されるため、誕生月に交換すると還元率が最大3.3%まで上がります。

プロミス等の消費者金融カードローンは誕生日などのポイントはありませんので、誕生日に貰えるポイントはクレジットカードの大きな魅力と言えます。

学生専用ライフカード

ライフカードで得するのは学生の方が多いかもしれません。ライフカードには「学生専用ライフカード」があり、レギュラーカードには無いゴールドカード並みの海外旅行保険が付帯されています(在学期間中のみ)。

また、携帯電話の利用料金を学生専用ライフカードで支払うと、毎月10人に1人の高確率で500円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

さらに、最も大きなサービスが、海外旅行に行った時のキャッシュバックです。海外旅行先で使ったライフカード利用総額の5%分(上限50,000円)を返金してもらえます。

その他、ライフカードはポイントの有効期限が最大5年と長いことも特徴です。

入会月の翌月から1年間がプログラム期間になりますが、1年目を終了した時に獲得していたポイントは自動的に翌年度のプログラムに自動繰り越しされます。